防音性能についてSoundproof

目指したのは、暮らしを愉しむ快適空間

コンクリートブロック造の強みを最大限に活用

四季の寒暖差が激しく積雪の多い北海道という、建物に厳しい地域においても耐久性が高く、長い年月に耐えうる強度を持つ躯体のコンクリートブロック造住宅。親から子、子から孫世代まで、末永く暮らせる住まいです。

抜群の気密性と断熱性、耐震性で、省エネかつ災害に強いことはもちろん、静粛性に優れ、外部からの音を遮断し騒音が入ってきにくいという特長も備えています。また、家の中で楽器などを弾く場合にも外部に音が漏れにくく、遮音性が高いことがデータでも証明されています。

抜群の静粛性を持つコンクリートブロック造住宅

音の大きさの単位であるdB(デシベル)。一般的に、日常生活で「静かだ」と感じるのは45dB以下といわれています。具体的には、木の葉の触れ合う音は20dB、図書館で40dB、交通量の多い交差点なら75dB、電車が通る時のガード下が100dB、大きな数値ほど大きな音ということになります。

コンクリートブロック造住宅の室内における静粛性の高さは、想像以上の快適さ。建物の規模や間取りにより多少の変動はあるものの、基本的な防音性能は40~45dB。
快適にお住まいいただける設計・仕様です。

用途やこだわりに応じた防音室をご提案

防音対策は、外からの騒音をシャットアウトするだけでなく、生活音で近所に迷惑をかけないためにも必要です。ダンロックホームなら、コンクリートブロック造住宅がもともと持っているパフォーマンスに、より高性能な防音を施すことが可能。防音性能に優れた建物をベースに設計・施工するため、手の届く価格で遮音性向上が実現できます。

音楽鑑賞や映画鑑賞、カラオケが趣味という方のための音響効果の良い空間、ピアノ・バイオリン・ギター・ドラムなど楽器を演奏できる空間を希望の方も、お気軽にご相談ください。

パンフレット・資料のご請求

このページの先頭へ