ビオシェルBioshell

当社は外壁仕上と断熱施工が同時にできるビオシェルをリフォームに採用しています

湿式外張り断熱工法 ビオシェル

本物の風合いがもたらす上質な表情。

自然素材から作られた漆喰の豊かな風合いが、
住まいのグレードを高めます。

外壁仕上げと断熱施工が同時にできる湿式外張り断熱工法ビオシェル

ビフォー/アフター

特殊形状の断熱材(特許)でさらに進化した湿式外張り断熱工法

[特許取得製品]通水構造付き断熱ボード(セルボードS)の製造及び建築物

断熱材の裏側に特殊形状を施すことで、排水機能が備わりました。
これにより万が一、外部から雨水等が侵入しても構造体や室内側へ伝わらないよう、絶縁する形状になっています。

ビオシェルの特長

  • 特長1

    外張り断熱と外装仕上が同時にできる

    耐久性を高める外装仕上と、建物の気密・断熱性能を高める外張り断熱が同時に実現。
    外張り断熱は充填断熱に比べて、熱橋の影響をほとんど受けることのない、快適な住まいになります。

  • 特長2

    過酷な環境に適合する耐久性

    【ほたて漆喰そとかべ ビオシェル】物性値
    項目(単位)物性値
    気中凍結水中融解試験400サイクル合格
    透湿係数ng/(m²・s・Pa)101.3
    熱伝導抵抗(m²・K)/W1.430
    付着強さN/m²1.25

    気中凍結水中融解試験において400サイクル後も問題が無いことを実証しました。また、ノンシール工法が可能であるビオシェルは、短期間のシールメンテナンスからも解放されます。

    耐久性
    天然カルシウムであるホタテの貝殻を高温で焼成すると、成分が高強度化されます。これにより外壁用塗り壁材としての必要条件である高い耐久性、防火性などを実現します。
    BEFORE
    ▲焼成前のホタテ貝殻
    AFTER
    ▲高温で焼成され高強度化
    されたホタテ貝殻
  • 特長3

    環境に対応した天然素材

    北海道の名産でもあるホタテ貝殻は、天然素材。
    これまで邪魔者扱いされたものを建材として活かした環境素材です。
    しかもF☆☆☆☆等級も取得しております。

    【ビオシェル下塗り】ホルムアルデヒド放散等級表示
    日本建築仕上材工業会登録
    登録番号 0905002
    放散等級区分 F☆☆☆☆
    お問い合わせ先 http://www.nsk-web.org
    【ビオシェル上塗り】ホルムアルデヒド放散等級表示
    日本建築仕上材工業会登録
    登録番号 0905001
    放散等級区分 F☆☆☆☆
    お問い合わせ先 http://www.nsk-web.org
  • 特長4

    高い殺菌力で汚染防止力を発揮


    ▲防カビ対策がとられない場合

    殺菌力
    ビオシェルは、ホタテの貝殻を焼成することで、高い殺菌力を持ちます。これにより陽のあたりにくい北側壁面や、湿度の高い場所でもカビや藻の発生を抑えることができ、いつまでも美しい壁面を保つことができます。

木造施工模式図

既存断熱改修の模式図

  • A透湿防水シート(JAS A6111)

  • B窯業系サイディング

    (12mm以上)またはセメントボード(12mm以上)

  • Cセルボード(EPS断熱材)

    (A種ビーズ法ポリスチレンフォーム特号)

  • Dビオシェル下塗り材

  • E耐アルカリ性ガラス繊維メッシュ

    壁全体を覆うファイバーメッシュは外部からの応力に追従しクラック等を防ぎます。

  • Fビオシェル上塗り材

    仕上げ材は2種類の骨材からお選びください。

  • G塗装下地調整材

  • Hオーバーコート材

    エマルジョン系塗料。日塗工番号に対応。(つや有り・つや無し)

木造在来軸組造の防火構造認定取得(外断熱直張り工法)
防火性能区分:建築基準法施行令第108条第1項及び第二号
[外壁(耐力)30分間防火性能]EPS特号 厚さ40~150mm

オプションパーツ

  • 樹脂ワッシャ樹脂ワッシャ
  • バックラップ用メッシュバックラップ用メッシュ
  • コーナーメッシュコーナーメッシュ
  • シーリングテープシーリングテープ

パンフレット・資料のご請求

このページの先頭へ