シックハウス対策Sick House

抗酸化工法によるいきいき健康回復住宅
~ 住まいの健康を回復させる、本物のシックハウス対策 ~

最近問題になっている、「シックハウス」や「シックハウス症候群」についてのご説明です。
ダンロックホームが採用している「抗酸化工法」のいきいき健康回復住宅は、シックハウスのお悩みを解決いたします。

シックハウスとは?

大気汚染以上に現在、問題になっているのが室内の空気汚染です。

化学処理された新建材や有機溶剤の入った接着剤を大量に使用するようになって、室内の空気がホルムアルデヒドといった揮発性の有機化合物で汚染されるようになったのです。

結果、この化学物質が原因で体が不調になる「シックハウス症候群」の患者さんが急激に増えています。

シックハウス症候群とは?

極微量の化学物質に対しても異常反応を示してしまう状態にある人を言います。

主に、住居内で使われる家具や建材で大量の接着剤や塗料に含まれる化学物質に暴露されることで発症します。一旦発症してしまうとなかなか治り難く、少量の整髪料でも発症するため、社会復帰すらできなくなる場合があります。

一般に不安愁訴といわれる以下の症状がある場合は、早めの専門医の診断と、住居の抗酸化工法による改装・修繕をお薦めします。

シックハウス症候群の症状とは?

自律神経障害発汗障害、手足の冷え、疲れやすい
精神障害不眠、不安、鬱状態、不安愁訴
末梢神経障害運動障害、四肢末端の知覚異常
気道障害喉の痛み、渇き、咳、息苦しい
消化器障害下痢、長期にわたる軟便、悪心
眼科的障害結膜の刺激症状、かすみ、ドライアイ
循環器障害心悸亢進、胸部の痛み
神経系障害めまい、吐き気、頭痛、しびれ
免疫障害皮膚炎、喘息、自己免疫疾患

あなたのおうちは安全ですか?

F☆☆☆☆の合板の建材だけで建てた住宅でも、あるいは適法な24時間換気システムを導入しても室温が上昇すれば軽く制限値をオーバーしてしまいます。しかも、赤ちゃんやアレルギー症状の人は、この1/3~1/5以下でなければならないといわれています。

最近の高気密高断熱の日本の住宅では家具を含めて、室内の化学物質をなくすことは不可能で、ほとんどがシックハウスといっても、過言ではありません。また、それによる化学物質過敏症の患者は1300万人を超えると言う説もあります。

特にアトピー・喘息・花粉症等アレルギー症状のある方は、いつ重篤な症状に陥るか分かりませんので、適切な対処が必要です。

これらの症状を改善し、安心して住んでいただけるのが、
世界最先端のバイオ技術 “抗酸化工法” によるいきいき健康回復住宅です。

  • 『抗酸化工法』について
  • 資料請求はこちらから

このページの先頭へ