耐震性能・耐久性Durability

地震に強いコンクリートブロック造の家

確かな耐震性能を発揮

世界有数の地震大国・日本。災害の中でも発生予測がつきにくく、ひとたび大地震が起こるとその被害は甚大です。地震から命と資産を守るために大切なのは、建物の耐震性能です。ダンロックホームの住まいは、モルタルなどを接着剤としてブロックを積み重ね、ブロックの空洞を利用して鉄筋を挿入し、さらにモルタルやコンクリートを詰めた強靭な構造のコンクリートブロック造。ブロックは乾燥収縮の極めて少ない工業製品なので腐ったりせず、経年劣化が緩やかなのも特長です。安心・安全で堅牢な住まいをご提供することが私たちの使命です。

多くの人の誤解「ブロック塀」について

「ブロックは地震に弱い」と誤解されている方がいらっしゃいます。これは過去の震災時に放映された、ブロック塀倒壊被害のニュース映像が影響しているようです。もちろん鉄筋を入れずに積み上げ止めるだけの素人の施工であったり、地盤の状況を考えていなかったり、規定が守られていなかったりといった基準に適合しない塀は、とても危険です。しかし「正しく施工されたブロック塀は安全」なのです。また、コンクリートブロック造住宅に使用するブロックは、塀に使用するものよりも、厚く、高い強度のものを用いています。

人の命を守る、強い建物

2011年3月11日、未曽有の被害をもたらした東日本大震災。ほとんどの家が倒壊し津波に流された岩手県大船渡市赤崎地区で、被災したものの形がとどまったいくつかの建物。それは、津波に負けない住宅を安価に提供するため建設会社を興し、コンクリートブロック造住宅の普及に尽力した三浦賢吉氏(故人)が建築したコンクリートブロック造の建物でした。震災当時、妻の千花野さんが住んでいた住まいは、ブロック造住宅を復興のシンボルとして後世に残すため記念館として残されています。

大船渡津波祈念館

環境にやさしく、丈夫で長持ち

天然素材である良質な火山れきを主原料としたブロック。乾燥による収縮が極めて少ない高耐久のブロックを用いたコンクリートブロック造住宅は、腐れや色あせなどの変質もないので建て替えまでの期間が長く、貴重な地球の資源を大切にする住まいです。さらに不燃材料である組積ユニットで構成されるため耐火構造となり、延焼防止にも役立ちます。安全性や耐久性を兼ね備えつつ自由度の高い空間づくりに対応できる住まいです。

パンフレット・資料のご請求

このページの先頭へ