よくある質問Frequently Asked Questions

断熱や気密の面でも性能は高い?

以前は「湿度・結露」が問題とされることがあったコンクリートブロック住宅ですが、弊社では外断熱工法を併用することで、その問題を解決しています。結露の発生要因となる外気とコンクリートブロックの接触を断っているのです。もちろん、魔法ビンのように建物を包む外断熱は性能に定評のある工法で機密性は1cm²/m²隙間相当面積以下を確保しています。

【右図】住まいをすっぽりと包み込む外断熱工法を採用することで高気密・高断熱が実現。

地震や火事の面でも安心できますか?

建物を形造っているブロック自体がファイアーストップ材の役割を果たしており、耐火基準の中でも最もランクの高い「耐火構造」に該当するのがコンクリートブロック住宅です。

強固な構造に加え、ブロックの間に鉄筋を細かく通すことで揺れに対する強度もさらにアップさせています。

念には念を入れた災害に強い家造りを推進しています。

耐久性はどのくらいあるのですか?
建物の耐用年数
木造住宅(サイディング貼り) 22年
木造住宅(モルタル塗り) 20年
鉄骨造住宅(骨格材肉厚4mm以上) 34年
RC造住宅 47年

「子どもにも受け継がれるマイホーム」を夢見るご夫婦も多いでしょう。コンクリートブロック住宅の建物耐用年数は、住宅用建築物の中では最長の47年。子はもちろん、孫の代が暮らすのも夢ではありません。「家は消費する物ではなく、資産として受け継ぐ物」。長い年月を過ごすことでコンクリートの風合いは徐々に変わり、より魅力的な建物となります。

右の表は「減価償却資産に関する耐用年数に関する省令」より、企業会計上の耐用年数になります。RC造住宅に該当するコンクリートブロックの強度がわかります。

コンクリートブロックとはどんな素材?
自社工場でコンクリートブロックを製造

北海道で産出される火山礫という天然素材を主原料としている、環境にも優しい素材「コンクリートブロック」。

よねざわ工業のダンロックホームで使用するものは、すべて自社工場で製造しています。強度にも厳格な自社基準を設けているので安心です。石造りの建造物のように、長い年月を愛されつづける住まいの構造を支えます。

【右図】自社工場で高品質なコンクリートブロックを製造しています。

プランの自由度は高くないのでは?

コンクリートブロック住宅と言えば「四角い家」がイメージされることでしょう。しかし弊社では、積み上げるブロックのひとつひとつに丁寧なカットを施すことで、困難なアール形状を外観、室内共に実現できます。

ブロックの強度の高さから壁と壁のスパンを長くすることができるので、変化に富んだ大空間も実現可能です。

【右図】写真のように、曲線を描く壁も自由にプランニングできるため高いデザイン性にも対応できます。

暖房費は多くかかりませんか?

コンクリートブロックの特性は、「保温性が高い」ということ。暖房により、一度温められたコンクリートは、断熱材に覆われた内側にあるため外気の影響を受けにくいものとなります。そのため、蓄熱性をいかんなく発揮でき、「冬でも太陽の射す日は暖房がいらない」というオーナー様の声もあるほどです。暮らし方にもよりますが、経済性の面でも安心です。

一方、暑い夏場は「暖まりにくく、冷めにくい」特性を冬とは逆の方法で利用できます。気温の低い夜間に計画換気を行っておくことが重要なポイントです。日陰のコンクリートをイメージすれば、その心地よい冷たさがわかるでしょう。大好きなマイホームの中で、昼間に窓を開け放つことなく、涼しく快適な一日を過ごすことができます。住宅の特性をつかみ、理に適った暮らし方をすることで冷暖房費を節約できます。

詳しくは弊社までお問い合わせください。

⇒ お問い合わせはこちら

パンフレット・資料のご請求

このページの先頭へ